忍者ブログ
京都在住の大学生が綴る、愛と感動とその他もろもろダイアリー
[143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

念願のトイストーリー3見てきました。もなかです。

既に京都の某劇場では1日1回の上映頻度になっているのですが
それでも映画館の中は子供連れからカップルまで様々な人でひしめいてました。

ちなみに私、今回が初の3D映画鑑賞ですよ。
眼鏡の上から3D用眼鏡かけても大丈夫か?という不安はありましたが
ちょっと目が疲れるくらいで、特に異常も無く見ることが出来ました。(最初ちょっとビビった)

トイストーリーについては、「1」は昔小学校の授業で(なぜか)全編見て、
「2」はこの間の金曜ロードショーで見ました。
というわけで予習はばっちりだぜぇ!(ウッディ風に)

※以下ちょっとだけネタバレ注意!

前座の短編ムービー「Day&Night」はいかにもディズニー的な話だと感じました。
あの何ていうか、ディズニー特有の表情と動きってあるじゃないですか。
(妙なドヤ顔+気持ち悪いくらいリアルな動き方)

わたし正直、あの2Dディズニーのリアル過ぎる動きが非常に苦手でございまして。
幼稚園くらいの時、ビデオで何かのディズニー映画見て、
リアル過ぎる動きが怖くて大泣きして以来のトラウマでして。(言語化できない気味悪さ)

なので、伝えたいメッセージ的なものは読みとれたのですが
ちょっと画像としてはあんまり受け入れられなかったです。
これ絶対小さいころの私に見せたら劇場で泣いてただろうな(そんな感想)


さて、トイストーリー本編。序盤の戦闘シーンかっこよかった!(小学生並みの感想)

「ポーとウィービーいないの!?」とショックを受けつつ
中盤のおもちゃ達の脱出劇のシーンはやっぱり1や2みたいに
ハラハラドキドキで見てて楽しかったですね。
ジェシーに恋するラテン風バズは面白くて噴き出しました。リアルに。

既に見に行った知人たちから「最後は絶対泣ける」という話を聞いていたので
果たしてどんな結末かとワクワクしながら見ていたら案の定ラストで涙腺が決壊した

特にね、焼却炉で皆が手をつないで目をつぶるシーンと
最後にアンディがモリーの家でおもちゃ達と遊ぶシーンと、
ウッディの「あばよ…相棒」の台詞のシーンですよ(※ネタバレなので反転)


一緒に見に行った後輩(女の子)と、見終わった後に
「いい映画だった」「感動した」という感想を言い合ったのですが
その時「ウッディの醸し出す色気が尋常ではない」という話を
物凄くしたかったけど、後輩は一般ピーポーなので我慢しました。

だからここで言わせてくれ!保安官の醸し出す色気が尋常ではない(相手は人形)

リボルテックの可動式ウッディフィギュア(2,600円少々)を買うかどうか本気で迷ってます。
夏休み結構バイトしたし2,600円くらいなら何とか…
ちょっと食費を数日オールお茶漬けで我慢すれば…(換算がみみっちい)

今度1と2を借りてこようかな。今度は字幕版で見るんだ!
そして萌えながら英語の勉強するんだ!(すばらしき一挙両得)


リハビリ絵休み
あぁ、スピーチ英文化もしなくっちゃ!(萌えの後は現実)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/22 あ]
[12/16 あい]
[12/15 りな]
[12/15 ERI]
[11/21 あ]
最新TB
プロフィール
HN:
もなか
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
漫画描くこと
自己紹介:
九州・カボスの名産地出身
現在は京都に在住する大学生
漫画と英語をこよなく愛するESS部員
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析

Copyright (c)小豆味噌 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]