忍者ブログ
京都在住の大学生が綴る、愛と感動とその他もろもろダイアリー
[97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日宣言した通り、アールヌーヴォー展行ってきました。もなかです。(チケットがお洒落)




…背景(My room)がごちゃごちゃして汚いのは、
別に掃除をめんどくさがってるわけじゃないんだからね!(その他に理由はあるのか)


やはりアールヌーヴォー代表画家・ミュシャの絵の前には
大量の人だかりが出来てました。(そして人だかりの中にまぎれる大学生)

ミュシャはね、まず髪の毛の曲線がたまらなく美しいよね…
くっきりした輪郭と優しい色合いが相俟って、
そこはかとない艶やかさを醸し出してるよね…
(※聞き流しましょう)

高校時代、恐れ多くも「お前の絵はユトリロに似てる」と言われたことがあるのですが
そのユトリロの初期作品なんかもあって、ちょっと一人でニヤニヤ。

確かアールヌーヴォーの画家って、従来の絵と違う描き方をすることで
反資本主義・反公序良俗を掲げてたんでしたっけ?(講義であった気がするがうろ覚え)
人の裸体をそのまま描いていたため「過激」と判断され、検閲にひっかかった絵の
「検閲前」「検閲後」両方が展示されたりしてました。

当時の広告に使われたイラストや、ハイセンスなデザイン画も多く見られ、
目の肥やしになりました。ああ眼福、眼福。(ホクホク)


帰りのバスの中で、外国人の若いカップルが前に座っていました。
喋ってる言語から判断して、多分フランス人でした。
春だし、そろそろ桜の時期だし、京都への観光客も最近とみに多いですね。

バスがパチンコ屋の前を通り過ぎようとしたとき、そのカップルが、
パチンコ屋の前にでかでかと飾られてるアニメキャラ(ルパンとかジョーとか)の絵を見て
魂が震えてるかのような歓喜の声を出してたのが印象的でした(ワーオ!連呼)

ヨーロッパで大流行したアートを見に来た日本人。
日本のアニメ(一種のアート)を見て大喜びするフランス人。

芸術は国籍関係なく、人の心を結ぶんだね!(今日の締めくくり)


リハビリ絵休み
「おばあちゃんはどこにいるの?」はロシア語でГде бабушка?(グデー・バブーシュカ?)
ロシア語にBe動詞はないので、英語で言う「Where grandmother?」で通じるのだ!
なんて分かりやすいんだ!(初心者の3分ロシア語講座)

しかしロシア語、いかんせん発音が難しい。当然ながら英語とも日本語とも違うんですね。
ネイティブロシア人はみんな、ちっちゃい子供でさえも
あんな凄まじく強い巻き舌ができるというのか…!(英語の「r」をもっと激しく巻いた印象)


■コメお返事
>りえ様
1日おきにブックオフww
大分市街か、パープレか、わったんくらいしか遊ぶ場所ないしねw

えとう先生の英語は予備校チックで好きやったわー
しかし私も同じく授業は受けたけど話したことないw
さらには授業を受けてた先生達にも名前と顔を覚えられてる自信がないw(いいのか)

変わってないよ!sから始まって数字で終わるよ!
そして消してないよ!正月に年賀メール送ったじゃないっすか先輩!
…届いているかどうかは別として(そこ一番の問題)

たまに昔の友達とかにメールしたら宛先不明で返ってくることがあるので念のためです


明日は久しぶりにスピーチ以外のESSの活動があります。
ええと、京都外大って…どうやって行くんだっけか…(京都駅からバス28番系統)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/22 あ]
[12/16 あい]
[12/15 りな]
[12/15 ERI]
[11/21 あ]
最新TB
プロフィール
HN:
もなか
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
漫画描くこと
自己紹介:
九州・カボスの名産地出身
現在は京都に在住する大学生
漫画と英語をこよなく愛するESS部員
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析

Copyright (c)小豆味噌 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]