忍者ブログ
京都在住の大学生が綴る、愛と感動とその他もろもろダイアリー
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひとりで鴨川に大文字見に行ってきました。もなかです(まさか本当に行くとは)

前回の記事を更新したあと、市バスに飛び乗って鴨川へ向かいました。
今回の私の目標は「チーフ様に誘いをバッサリ断られたことにもめげず、
幸せそうなカップルの姿にも耐え忍び、この目で生の大文字焼を拝んで帰る」ことです。

この過酷な挑戦にいどむ仲間は自分の他に誰も無し。
財布の中には3千円。携帯の充電はあと2つ。(充電してこいよ)

右手に黄色いうちわ(道路でお姉さんが配ってた)
左手にはビニール袋(三条京阪のブックオフで購入した古本4冊が入ってる)
そしてTシャツにGパンに眼鏡、という
およそ鴨川に似つかわしくない格好で乗り込んでみました(帰れ)
浴衣?浴衣はね、あれはきっちり着こなした状態ではなく、
前がちょっと割れて全体的に少々乱れてる状態が一番萌えるんですよ
(久々の変態発言)


午後5時頃、鴨川に到着すると、まあいつものことながら
手に手を取ったカップルが等間隔に川べりに座っていたので(鴨川等間隔の法則)
私はわざとそのカップルの間にひとりで座って
男女 男女 女 男女 男女 
という哀れな不規則配列を作ってみたりしました(誰も報われない努力)

そのときの鴨川の写真(三条駅が見えますね)



大文字焼きは8時からだったので、時間までそうやって川べりに座って
ブックオフで購入したばかりの川端康成の本を読みふけってました。
鴨川のほとりで読書にいそしむ京都の大学生。
非常に風流じゃないっすか(しかしやっていることはただの奇行)

本の方は、「驢馬に乗る妻」「青い海黒い海」が気に入りました。
後者、ぶっちゃけ文章の意味が一部理解不能でしたが(特に父ときさ子と化粧水のくだり)


だんだん暗くなってきて、本の字が判読不能になってきたころ
人々がぞろぞろと大文字の見えるスポットへ移動し始めました。
その列に乗っかって、私も神宮丸田町方面へ移動。(位置が分からん人はグーグルMAPを)

しばらく歩いて、人がたくさん座っているでかいベンチがあったのでそこでちょっと休憩。
なおもぞろぞろ歩いて行く観客たちを目で追って観察してみました。
若いカップルは勿論、親子連れ、外国人、老夫婦といった人々もたくさん来ていました。
品の良い老夫婦が手をつないで歩いていたのはちょっと心がほっこりしました(NOT萌え)

偶然にも私が座ったその場所からは、「右大文字」「妙」「法」が見えるという情報を
同じところに座っていた大学生っぽいお姉さん(友達と来てたらしい)から教えてもらったので
そこで8時の「右大文字」点灯をゆっくり待っていました。

途中、通りすがりの大阪人と思しき中年夫婦と楽しく会話したりしました(何をしに来たのか)
「ねえちゃん1人で来たんか?」と聞かれた時はちょっと泣きそうでしたが(しっかりしろ)


そして8時。右大文字が点火する時間(注※大文字焼は5つの字が時間差で点火される)
山の上に、赤い砂粒をこぼしたかのようにぽっぽっと小さな赤い火がともり始め、2分もすると
火の勢いが大きくなり、立派な「大」の文字を形成していました。

客のどよめき声とカメラのシャッター音がそこここで鳴り響く中、
私も携帯で撮ってみたのですが…無念な感じになりました(へたくそめ)
本当はもっと大きくはっきり「大」の字が見えてます。



中心に見える赤いのが大文字です。見えるかな…(「犬」に見えなくもない)


ここで「あっち(神宮丸田町方面)に行くともっとよく見えるらしいよ」という噂がぱっと流れ
カップルも親子連れも外国人もぞろぞろ列をなして民族大移動アゲイン。

私も行きたかったんですが、これ以上向こうに行ってしまうと帰りが厳しくなる(バスの時間)
というわけで右大文字だけ見てさっさと帰宅しました。
別に、とどまることなく湧いてくるカップルどもに心を折られたからではありません。
…ありませんってば!(弁解すればするほど白々しい)

家に帰ってESSの先輩(女)のブログを覗いていると
「今日は送り火の日なので、1回生と焼き肉しました!おいしかった!」という文章
そして1回生+先輩達の楽しそうな姿の写真……

来年の五山送り火こそは、下心なしに、楽しくエンジョイできたらいいな★(目から血液)


リハビリ絵休み
もう少しでリクエスト全部消化できるぞ…!スピーチの英文化もできるぞ…!
英文化のほうは、明日あたり帰国子女の先輩に添削してもらうんだ…!(プロのご指導)


八橋国に帰ってきて以来咳が止まりません。
勘弁して下さい…ひとり暮らしで風邪ひくとダメージが大きいのよ…

5月の、まだ大して仲の良い友達がいない頃、いっぺん風邪ひいて熱出したんですが
一人でインスタントのたまご粥を炊いて、
一人でずるずると食べるあの寂寥感…(あと少しで泣いてた)

ESSの友人2名からスピーチの件について電話があったんですが
その電話くれた友人ふたりとも現在咳が止まらないそうです。
「なんかキムチ鍋パーティーに参加した1回生みんな風邪ひいてるらしいよ」との情報も。

…キムチ鍋からの集団感染?まさか…(聞いたこと無いが)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[01/22 あ]
[12/16 あい]
[12/15 りな]
[12/15 ERI]
[11/21 あ]
最新TB
プロフィール
HN:
もなか
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
漫画描くこと
自己紹介:
九州・カボスの名産地出身
現在は京都に在住する大学生
漫画と英語をこよなく愛するESS部員
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析

Copyright (c)小豆味噌 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]