忍者ブログ
京都在住の大学生が綴る、愛と感動とその他もろもろダイアリー
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オーストラリアの優しい魅力に気がついた。もなかです(何が起きた)
いや今日ね、スピーチ制作の最終段階:ネイティブチェックに出かけたんですよ。


※ネイティブチェックとは?
書き上げたスピーチを実際外国人に見てもらって、
文法的・語彙的な間違いがないか確認してもらう作業のこと

本来なら大学内に多数在籍している留学生のところに押しかけるんですが
今は夏休み。留学生たいてい母国に帰っちゃってます。さぁどうする?
   ↓
ここは京都だぜ。「観光に来た外国人」が大勢いるじゃないか
   ↓
じゃあ有名な寺院をマークして、そこに観光に来た外国人に事情を説明して、
自分のスピーチを添削してもらおうぜ!

スピーチ添削してもらえるし、自分の英会話能力も鍛えられる、一石二鳥★(チーフ様談)


というわけで今日、ネイティブチェックのため友人と一緒に金閣行ってきました。
今日の3時頃、金閣周辺でボールペンと紙を持ってうろうろしてた
大学生二人連れを見た方、それ片方は私です(どうでもいいアピールをするな)

しかしまぁさすが金閣、京都有数の有名どころなだけあって
外国人見つけるのにはまったく苦労しませんね。

英語ネイティブを見つけるため入口近くで待機してたら
明らかに日本人であろうお姉さん2人組から
「すいませーん、写真撮ってくれませんかぁー」と言われたりしましたが
(暇そうに見えたらしい)

明らかにガラの悪そうな人とか、英語以外の言葉を喋ってる人々は華麗にスルーして
お休み処でまったり休憩してる外国人を見つけては「Excuse meー!」と
詐欺師もびっくりの不自然な笑顔を貼りつけて話しかけてみました(もっと自然なフェイスは)

5人くらいに声かけたんですが
勿論「I don't have enough  time」とか「I'm busy」とか言って適当に断られたりもしました。
間違えて英語圏のネイティブじゃない人に声掛けてしまって
多分アラビア語?のような、私には理解不能な言語で
色々まくしたてられたりもしました(あれは何語だったのか今も不明)

が、最終的に心やさしいオーストラリア人の男性ふたりが「OK、OK」って承諾してくれました。
Mr.Mike and Mr.Jack(仮名) Thank you very much…!(ここで言って通じるわけもない)

しかし外国人の男性ってなんであんなにダンディなのか。
高校時代の古典のO先生とタメ張れるくらいのダンディ加減ですよ(内輪ネタを使うなボケ)


私の中学生レベルな英語の意図をちゃんと汲んでくれて、なおかつ
「立ちっぱなしじゃつらいだろ、ここに座りな(英語で)」と座るスペースまで用意してくれて
Mikeが英文を添削しているあいだ、Jackはずっと喋りかけてくれました。(※オール英語)

Jack「僕は今年36になるんだ、もうオジサンだよね。君らはいくつだい?」

友人「わたしは今20歳です」

Jack「20!?若いね! (私の方を向いて)君はいくつ?」

私「19です」

Jack「なんて若いんだ!19なんて僕らから見たらBabyのようなものだよ!」

友人「でも、Jackは36の割には若く見えますよ」

Jack「いやいや、僕はホントにオジサンさ!白髪も生えてきたしね!」


自らを「Old, Old」と謙遜しまくる36歳Jackにちょっとキュンとした(はい黙れ)

その後Jackから
「Imperial Household(京都御所)にはもう行ったんだけど、
それ以外で京都でどこかいい観光地を知らないかい」と聞かれ

「二条城がいいと思う」と答えたら「ニジョウジョウ…?」って困った顔をされたので
二条キャッスル」と言い直した。私は間違ってない(若干ルー語)


それからものすごい驚いた話をひとつ。
Jack達と別れた後で、別の外国人男性に話しかけたら、
「添削してる時間はないけど、君達と少しお喋りがしたい」みたいなことを言われたんですね。
で、そのオーストラリア人Ted(仮名)との会話。(※やっぱりオール英語)

Ted「僕は大分に住んでいるんだ、今回は観光で京都に来たんだ」

私「大分ですか!私も大分生まれですよ!」

Ted「大分のどこだい?僕はT町っていうとこなんだけど」

私「本当ですか!私もT町生まれです!」(テンション急上昇)

Ted「そうなの!?僕はT町の●●高校で英語を教えているんだ」 ←うちの親父の母校

私「●●高校!知ってます!」

Ted「××高校も分かる?」 ←実家から至近距離にある高校

私「はい、うちから近いですよ!あ、じゃあ△△高校分かります?」 ←自分の母校

Ted「ああ、知ってるよ!」

私「わたし、そこの卒業生なんです」

Ted「そうなのかい?すごいね!」


一緒にいた友人ほったらかして地元高校トークで盛り上がった(友人に謝れ)
Ted、まさかこんなところで地元を知る人に会えるだなんて、感動したよ…!

しかし何よりもびっくりしたのは、最初に覚悟さえ決めれば
普通にネイティブと会話ができるようになったという点ですね。

2年前、修学旅行でニュージーランドに行った時、
ホームステイ先の家族とほとんど何も会話できず終わったあの時に比べたら
リスニング能力もトーキング能力も飛躍的な進歩を遂げた、
ということが実感できて、猛烈に嬉しかったなあ。ヒャッホウ!(喜び方が幼稚すぎる)

オージーイングリッシュは訛りが強くて聞き取りづらいから苦手とか思っててごめんなさい。
だいぶ前に諦めかけてた留学熱がちょっと再発火してきました。
来年の春あたり、オーストラリアに短期留学しようかな。1ヶ月くらい…(決意を固めた顔)


ちなみに明日の午後も京都のどこかに出没してネイティブチェックをする所存でございます。
ペンと紙を片手にチョロチョロしてる大学生の集団を見かけたら
「あぁ、あいつら必死なんだな…」
使用済みのホッカイロくらいの生ぬるさで見守っていただければ幸いです。


リハビリ絵休み

人前で「accept」と「アケプト」と読んで馬鹿をさらしました。(正しくは「アクセプト」)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
O先生くらいダンディですってぇ!?
O先生ってさ、
もちろんOh!くぼ様のことよね?ね?ね?

やべぇー
鼻血が・・・
しま 2009/09/09(Wed)23:53:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/22 あ]
[12/16 あい]
[12/15 りな]
[12/15 ERI]
[11/21 あ]
最新TB
プロフィール
HN:
もなか
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
漫画描くこと
自己紹介:
九州・カボスの名産地出身
現在は京都に在住する大学生
漫画と英語をこよなく愛するESS部員
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析

Copyright (c)小豆味噌 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]