忍者ブログ
京都在住の大学生が綴る、愛と感動とその他もろもろダイアリー
[157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

facebookでガーナ人男性(30)とお友達になりました。もなかです。(実話)

ガーナって確か、元イギリス領だからバッチリ英語圏なんですね。
英語ネイティブの友達を作っておくのは、英語の勉強のためにもいいことだと思って
ぽつぽつとチャットしたりメッセ送り合ったりしてたんですけど

今日久し振りにチャットしていると(※一応オール英語)


ガーナさん 「僕、こんど日本に行きたいんだ」
私      「いつ来る予定?」
ガーナさん 「夏と冬だったらどっちがお勧め?」
私      「夏かな。冬は寒過ぎると思う」
ガーナさん 「じゃあ来年の夏に行くよ。京都案内してくれるかい?」
私      「いいよ」
ガーナさん 「ところでガーナから日本に行く時のビザっていつ申請したらいいの?
私      「………please wait a minute」


まさか自分が「ガーナ 日本 ビザ 申請」で検索をかける日が来ようとは思わなかったぞ!

結局このガーナ人男性、来年の夏に京都に来るんだそうです。
ビザは良く分からなかったので、外務省の英語版のサイトURL貼り付けて
「please check it!!」って言っておきました(なんという丸投げ)

私ガーナ人男性の京都観光のガイド頼まれちゃった。
日本来たことなくて、日本語もしゃべれなくて、日本について本での知識しかない外国人に
イチから京都案内するんだぜ。う、うわぁ…
(己のスピーキングとリスニング能力に対する多大なる不安)


このあと「君もガーナに旅行しに来ないかい?」と誘われました。
ガーナか…確かに英語圏だけど、旅行先としてまったく考えたこともなかったなぁ。
しかしな、海外旅行ほぼ初心者の人間がいきなりガーナて。レベル高すぎるわ!

「興味あるけど、お金と時間がなくて行けないわ☆」みたいな風にごまかしたら
「君は飛行機代と食事代さえ出したらいいよ。僕が宿と車を貸すよ」みたいな風にねばられ、
日本人のオブラートにくるんだ言い方は外国人にはまるで通用しねぇということを
肌で学んだ午後11時。(さっさと寝なさい)

今日骨身にしみて覚えた英文:I 'll think about it. (考えときます)


off to classで「(オフラインになって)授業行ってきます」って意味なんだそうです。
ネイティブと話してると普段日本では聞かない言い回しを勉強できていいですね。

そして今はアイリッシュ男性とバイセクシャルの話で盛り上がっています。(早く寝なさい)


■コメお返事
>りな様
ありがとう~ うっかりもうビジネスホテル予約入れちゃったよ笑
あすなちゃん元気かなぁ。誕生日くらいしかメールしてないわ。笑

リハビリ絵休み
韓国か、アメリカ西海岸か、カナダか。どこにしようかな。(来年春の海外旅行計画)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/22 あ]
[12/16 あい]
[12/15 りな]
[12/15 ERI]
[11/21 あ]
最新TB
プロフィール
HN:
もなか
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
漫画描くこと
自己紹介:
九州・カボスの名産地出身
現在は京都に在住する大学生
漫画と英語をこよなく愛するESS部員
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析

Copyright (c)小豆味噌 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]